神待ちって何?

出会い系サイトを利用していると「神待ち」という言葉を耳にする事があると思います。
神待ちとは、「家出をした少女が誰か泊めてくれる人を募集している」という意味です。
出会い系サイトでしか使わないので、専門用語といえるでしょう。
神待ち家出っ子とエッチ

神とは、泊めてくれる男性の事を表しています。
神という言葉の由来は、おそらく2ちゃんねるなどで使われているネット用語から来ていると思われます。すごく良い曲(自分好みの曲)を「神曲(かみきょく)」と言いますし、とっても面白いドラマの展開を「神展開(かみてんかい)」と表現するのです。ネットを頻繁に利用する人には、分かりやすいと思います。
逆に、普段使わない人にはニュアンスが伝わりにくい言葉と言えるでしょう。

密かにこの神待ちは、広がりつつあります。すでに多くの「神待ち掲示板」というものが存在します。基本的に女の子からは
「○○で、神待ちしてまーす」「ご飯おごってくれる、神まってます」
という書き込みが多いです。この神待ち掲示板を利用する女の子は、みんなサバサバした気さくな子が多いので男性としても気が楽です。もっとも、神経質な子は利用できないと思いますが。
仲良くなればそのままセフレになることも可能です。
最近の女の子は、生まれた時からネットに慣れ親しんだ世代ですので抵抗感があまりないようです。

神待ちしている子と実際に会った時の流れは、さまざまで特に決まりはありません。
たとえば、食事→ホテルで宿泊でもいいですし、買い物を一緒に楽しむ(もちろん、男性の奢り)のもありです。
女の子との交渉次第と言えるでしょう。
家出を支援するという関係なので、親しくなって頻繁に会うことも十分可能です。

最近は、携帯電話があるために「プチ家出」をする女の子が多いようです。
連絡はしているけど、1週間家に帰っていない女の子なんて沢山いすぎて驚きます。
気軽に女の子と遊びたいと思っている男性は、一度は「神待ち掲示板」を利用してみると面白いですよ。

2011年8月26日

このページの先頭へ